自称阪神タイガース評論家(跡地)

かつてブログ「自称阪神タイガース評論家」があった場所。
ABOUT
代走三人衆
育成田中が二軍交流戦(対G)で初HRを打ったみたいだね。

昼の延長大熱戦を見て、軽い気持ちでナイトゲームH−Gの終盤を見ちゃったら、これまた終盤もつれにもつれた12回の大熱戦。疲れたわ(笑)。


最後、2点差を締めにかかった藤川が4四死球でフラフラになった時はさすがに焦った。死球の後、ストレートの四球で押し出しなんてねえ。でも、よう持ちこたえたと思う。代わった直後に投げた数球が際どく外れるのを見たって、ここまでの危機は予感しなかった。それだけこの試合が潜在的に揺れるパワーを秘めていたということだろう。
特に延長10回ウラ、先頭が165cmのルーキー村田、さらに次が171cmの工藤と続いていることが、その表のタイガースの攻撃、まさかの2得点を連想させたのかも知れない。球児の直球は、体中のエネルギーを無駄にすることなく、最後の最後指先で超高速回転に変換することで成り立っている。そのバランスが根本の精神的な部分で狂うと、徐々に狂いが増幅して、制御不能になってしまう。そんな様子を見せられた思いだ。
最大の動揺は、高橋信二に直球をぶつけてしまった時だろう(骨に異常なしという一報がありホッとした)。よくギリギリ踏みとどまった。


試合展開としては非常に良くなかった。2回に金本会心の一撃で先制。F先発左腕藤井のインロー直球をライナーでライトスタンドにぶち込む。さらに二死からフォード四球の後、矢野の左フェンス直撃二塁打で2点目。Fの中継プレーもロス無しだったが、フォードの走塁が良かった。走塁はね(笑)。さらに4回は先頭鳥谷左中間越二塁打、フォード右飛で三進、矢野今度は右中間フェンス直撃二塁打で3点目、3−0。矢野の2二塁打はいずれも狭い球場ならオーバーフェンスという当たりだった。

T先発はアッチソン。二軍戦登板から中3日、記者予想をはぐらかしての登板だった。スライダーをベースに、得意の大きなカーブと高めの直球を効果的に配した。失点は4回犠飛による1点のみ。登板間隔を考慮して5回64球で交代したが、まずまずの内容だった。

ところが6回を任されるべき江草が2点を失って同点とされてしまう。先頭工藤を簡単に歩かせ、続く田中は右中間突破、中継プレーの緩さを衝かれ一走工藤は一気に生還。稲葉にもインハイを攻めきれずセンター前に同点タイムリーを弾き返される。結局左対策として出てきた江草は一死も取れず渡辺の火消しをあおぐ。ナベは7回まできっちりナイスリリーフ。

しかし打線は藤井の後を受けた坂元にうまいこと抑えられてファイターズペース。なんとかなりそうな元スワローズコンビを崩せなかった。
昨日やられた宮西が出てきて、ブルペン勝負はがっぷり四つ。8回表、一死からバルディリスが低いライナーでレフトフェンスダイレクトシングル。そういう当たりがもっと出てくると良いね。ここでこの日スタメンを外れていたとっておきの代走赤星。スタメン浅井に代わって途中から入っていた1番葛城のバントはお手本のように打球を殺し、これが宮西の悪送球を誘う。一死二三塁!ここ、たぶん大きな問題じゃないとは思うが、二塁に到達した赤星が悪送球がライトまで抜けているのに気付くのが遅れた。もしそんなこともあるかもという走塁をしていれば、ひょっとしたら一気に帰れたかもしれない。二走葛城に代走藤本。
一死二三塁、投手が建山に代わって、代打は桧山。Fベンチ桧山を歩かせ、当たりの出ていない新井で勝負。桧山は5回二死満塁フォードってところで使って欲しかったな、個人的には。桧山に代わって代走秀太。満塁の走者が全部代走ってのも珍しくない?しかも赤星藤本秀太の非力ちびっ子系ばかり(笑)。しかし、ここは新井二ゴロ、金本レフトフライで、絶好のチャンスを逃す。

タイガースもジェフ、久保田の必死の継投でファイターズの反撃を食い止め、延長10回表。先頭矢野が三遊間にこの日3安打目で無死一塁。ここで赤星にバントさせなかったのは良かったと思う。打撃復活の矢野だが、走力の衰え(過去の故障の影響かも知れないが)は激しい。予定通り赤星遊ゴロで走者入れ替わり、そして藤本の初球ですかさず二盗成功!一死二塁!バントしても結果は同じ。ただしハイリスクを跳ね返して作ったこの一死二塁の方が遙かに形が良い。さあ藤本、赤星二塁で当然外野は極限まで前進。もう何も言うまい。藤本はぜったいに「転がそう」と思っている。そしてそう思えば思うほど、なぜかバットはボールの下っ面に当たって、打ち上げてしまうのだ。もはや上げても転がしてもかまわない、それは藤本の技術のあずかり知らぬ話。とにかくバットに当てろ、強く当てろ!1−2からの4球目スライダー、打った!ライトへのフライ、越えろ越えろ越えろ、越えたー!よーし、出たー!ビッグポップ!あるならそれだと思っていたよ!藤本は三塁へ!いやー(笑)。ただのライトフライやがな(笑)。赤星のおかげやねえ。
さて、さらに一死三塁、打者秀太。ここはスクイズも含めて絶対もう1点という場面。2球目シュート、引っ掛けてややバウンドの高い二ゴロ、藤本突っ込む、田中バックホーム、藤本体を三塁側に逃がしてスライディング、送球ワンバウンドでタッチできずセーフ!これはナイスラン文句なし!スタートの早さ、スライディングの上手さ。ちびっ子代走三人衆で2点もぎ取ったねえ!いやあ、秀太も絡んだねえ、ただの二ゴロやがな(笑)。藤本のおかげやねぇ(笑)。

まあ、そんなこんなで苦労の上で得た札幌1勝1敗。反省もたくさんあるけれど、ようやったと思うよ。強いファイターズとのしんどいガチンコ勝負で、またチームの結束力が強くなったと思う。

Posted by torao at 08:41 | comments(18)
[退団者]藤本敦士
<< エースへの階段 | TOP | DH制 >>

秀太は一応179造△襪鵑任垢韻鼻幣弌
昨日はシビれました。 腐らずやっていた藤本には脱帽です。
| ジジィ | 2008/06/02 9:15 AM |
ジジィさん
>秀太は一応179…
えーーー!すごく意外!(笑)
| torao | 2008/06/02 9:22 AM |
チーム全員が一丸となって勝ち取った1勝、10勝分にも値する感動と怖さを感謝です。

星野前監督の「藤本は控えでいても決して腐らない選手」の言葉を思い出しました。
| 虎こそ命 | 2008/06/02 10:03 AM |
館山→建山ですな。
| | 2008/06/02 10:20 AM |
直しました。ありがとうございます!
| torao | 2008/06/02 10:22 AM |
矢野の冷静かつ大胆なリードのおかげで最後の場面を凌ぎきれた。
スレッジの場面でヒットは2点、押し出しは1点…同点はいかにもマズイ…勝負するなら次の打者と覚悟を決めたと思う。
案の定、ド真ん中しか投げられなくなった藤川の球威に賭けたその作戦は大成功。
アレしかなかったと思うが深読みしすぎか?

藤本には貸しがいっぱいあるがよう打った!やればできるやん!!
| やっぱりトラ! | 2008/06/02 12:12 PM |
いや〜、ヤフーの無料配信のお陰で観戦できたのは良かったのですが、
画面に釘付けで、昼過ぎに起きた僕は昼食をとれず、
昨日は夕食一食で終わってしまいました。
(メタボな僕にはこれでいいのかも)

それにしても、
二度の満塁含め9回までに追加点のチャンスが再三あったのに無得点じゃあ、当然追いつかれますよね。
江草もあんなことしとったらアカン。次はビシッと締めろよ!
| PPW306R | 2008/06/02 1:28 PM |
逆境にいても折れない心を持ち続けること。
新井の専売特許ではありません。
「なにくそ、俺だって」。藤本の三塁打はそんな気持ちから生まれたのでしょう(実態はタダのライトフライ、ナンチャッテV打だとしても)。
| 一虎ファン | 2008/06/02 2:26 PM |
"結果オーライではあかんのや"という声が5.1chサラウンドのごとくグルグル回りから聞こえてきそうですが、結果オーライの伏線はきっちりと随所に存在してるので、まあ良しとしましょうね。
| きゅー | 2008/06/02 5:33 PM |
毎日更新ご苦労様です。

あんまり強いんで書く事が無くなるんじゃない
かと心配しております(笑)

育成田中、代打HRみたいですね楽しみです!
| toyo | 2008/06/02 5:44 PM |
安藤、腰が痛いらしいですが、果たして大丈夫でしょうか・・・・。
| ジョジョ | 2008/06/02 6:34 PM |
交流戦が始まって、胃の痛くなる、頭の後ろ辺りがチリチリする中日戦がないと安心してたら、パ・リーグにも居ましたねぇ(笑)
ズキズキ・チリチリするチームが。
強力投手陣でプレッシャーをかけつつ渋太さと溌剌とした機動力で勝ちへの石を積み上げてゆく。
ホント錯覚に陥りそうになりました。
ここに来て投打とも調子落ちの感があるけど、大きな連敗や力負けの試合がないのはスゴイ!
さぁ、明日からは仙台。
ノムさんがどんなトラップを仕掛けてくるのか楽しみですね。
| 西田辺 | 2008/06/02 6:36 PM |
すいません、本文より秀太179造鵬畩衄娠w
改めて身長順調べてみようかなと思ってみたりwww
| なぽー | 2008/06/02 6:46 PM |
こんばんわ、toraoサンのいつも的確な「タイガース描写」楽しみです。

昨日は、モンちゃんやりましたね、デイリ−一面何年ぶりですかね?
最近はベンチスタートですが、まだ30歳これからですよね、平野君がお休みの間ぜひ、2塁スタメン頑張って取ってほしいです。
林チャン、DHどんどん使ってほしいですね。明日からの、楽天戦連勝期待しています。
| harukakanata | 2008/06/02 8:17 PM |
勝ってるときは岡田監督が偉大に見えてきますが,実際4年前としたら成長してはるでしょう監督として。
あの頃はノムさんにけなされたけど,今はバントも多用するようになったし,頑固で我慢強いんは変わらへん。
この試合なんかは控え組みをスタメンに出して,攻めの姿勢でベンチを活性化できた。
反面,ベテランを優遇して敵に回さんからベンチは一体感があるんやろうし。
若々しいのが出てこんのが物足りんが,監督として守りに入らんければもっとすごい監督になりはるような気もする。
ノムさんとの試合が楽しみや。
| 広虎 | 2008/06/02 8:35 PM |
,燭世離薀ぅ肇侫薀い笋な(笑)。赤星のおかげやねえ。
△燭世瞭鵐乾蹐笋な(笑)。藤本のおかげやねぇ(笑)。

ただのアウトでも得点にする事が出来るのが真に強い野球。 いいですね〜

でも、その前のチャンスに1本出ていれば、こんな事にはならなかったのですがね(笑)
| タイガースポリマー | 2008/06/02 10:05 PM |
高橋、骨折だそうです。。。

高橋、左手骨折で全治1カ月=プロ野球・日本ハム
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo3_bsb_30&k=2008060200750

そりゃ、球児の剛速球ですもんね。。
| あー | 2008/06/02 11:12 PM |
秀太の打点って何年振りかな〜。
昨季終盤の醜態からして、今季の契約更改は意外であった。
ドラフトでも何で支配下枠を空けて、下敷領を取らんのと腹が立った。

四月初旬にナゴヤ球場のウエスタンを見に行った。
若いパワーヒッターが並ぶD打線に比べ、我が二軍の何と鮮度の落ちることか!
そんなお寒い打線の中で、秀太は完封を免れるHRと二塁打を放ちひとり気を吐いた。
若い頃は俊足・好守、打席でも球に食らいつくしぶとさがあった。ところが近年たまに見る打席ではとんでもない空振りばかりが目立った。

秀太は振り切る打法への改造を図っていたのか、パワーを感じさせる打撃はプロ入り以来最高の状態にあるのかもしれない。
しかし、この選手がそんな打撃を身につけて二軍の試合にフル出場するのに何の意味があるのだろう。
本当は期待の高濱が故障で出ていないことに腹を立てていたのだ。

179cmもえ〜だけどまだ31歳というのも意外と若いのだ!
何年振りかの一軍でのHランプも近い予感がするぞ〜!!

| とらぽるた | 2008/06/03 9:39 AM |

←必須!「通りすがり」等は禁止!独自のハンドルネームを入れて下さい。

←空欄可。メールアドレスは入れないで!



評論家たちの声
Tigers-net.com様のご協賛により、
T-Blogで運営しています。